Dearly

日々思うことを垂れ流し

お薬への興味

精神系のお薬への興味。 . 昔から興味があって、一度精神科を受診して貰っていたこともある。 お金が回らないのと、何をしているのか分からなくなったのと、面倒になったので通うのを辞めてしまったけど。 通い続けないと意味が無いとはよく言うけど、正直私が通う必要は無いと思っていたし。 それから今に至るまで、興味を失っていた。 落ち込むこともあまりなくて、病んでる状態も忘れていた。 でも、先日の親友との再開から色々思い出した。 そうだ、私は睡眠薬とか抗鬱剤とかそういうものに興味を持っていたんだ。 飲むか飲まないかは別として、ただシートを眺めていたかった。 憧れてたんだね。そういうのを久し振りに思い出した。 親友と出会ってからそういう方向に行ってしまったから、関わるとどうしても病んでいく感じになる。 共感して同調するからなんだけど、それは自分ではセーブしきれないくてどうしようもない。 かと言って親友を責めるつもりは微塵も無い。 少しでも近い場所にいられることが嬉しかったりもする。 お薬を調べるのが楽しい今はちょっと危ない感じな気がするw 。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。 改めて、一般人には解らないのだと思い知った。 感受性が強くて、場の空気に敏感で、流されやすく、飲まれやすい人間の気持ちなど理解出来ないんだ。 自分本位に図々しく生きられたなら、きっともっと楽だったんでしょう。 だけど生憎そんな生き方は出来なかった。 侮辱された。何様のつもりなんだ。気持ちが悪い。 .