Dearly

日々思うことを垂れ流し

間違えた

電車が駅に止まったから降りた。 それだけのこと。 降りた駅は、私が降りたい駅とは違った。 イヤホンで音楽を聴いていたからアナウンスは聞こえなかった。 辺りを見回しても私の降りたい駅には見えなかった。 でも、入り口上の電光掲示板の文字は私の降りたい駅の名前だった。 私は焦って飛び降りた。 開いたドアは、私の目的の駅で開くドアの反対側だと気づかずに。 こっち側にはホームはないじゃん。だから違うよ。そう気付くこと無く。 降りて階段を上がった。 頭が混乱していた。 辺りは暗かった。 私の目的の駅は総合駅だ。こんなに暗いはずはない。 駅員が目的の駅名を言いながら誘導していた。 ここはどこなんだ? もう一度ホームに降りて、現在地を把握した。 ここは普通しか止まらないはずの駅だ。 イベントか何かが近くであって、それに行った人間を輸送するために臨時で止まったのか? 私はそう理由付けた。 そうでなければ止まるはずはない。 私の乗っていた電車は普通ではなかったから。 とんだ災難だ。 私の注意不足だから仕方ないけれど。 やっと帰ってこれた。 今日は早めに寝よう。